入居時に支払う敷金は何に使うの?

部屋探しをしていると、敷金ゼロという物件を見かけることがあるでしょう。大抵の物件では礼金と共に敷金が設定されていますが、そもそも敷金とはなんでしょうか。一言でいえば、退去時の入居者負担の修繕費に充てることのできる預り金です。賃貸物件の設備が老朽や自然損耗で壊れたときは、基本的に大家さんが修繕費を負担することになります。しかし、入居者の不注意や過失、あるいは故意などで壊れたときは入居者の負担となります。その際、入居中に申し出ずに退去時に見つかったときには、敷金のなかから修繕費に充てられるのです。修繕するところがない場合には、退去時に敷金が返ってきますよ。

非常時の家賃にも充てられる

他にも、家賃滞納をした場合に敷金が充てられることもあります。ただし、入居者の方から「今月の家賃が支払えないから敷金を家賃に充ててほしい」と申し出ることはできません。入居者や連帯保証人が職を失ったなどして支払い能力がなくなった場合や、夜逃げや行方不明で連絡が取れない場合など、非常時に限り敷金を家賃に充てられます。そのため、家賃を滞納したところで大家さんから催促されるだけなので、敷金はあくまで緊急用と考えてください。

敷金ゼロ物件はどうして可能?

敷金の用途がおわかりいただけたかと思います。しかし最近は、敷金ゼロの物件も多いですよね。入居者としては初期費用を抑えることができるのでありがたいですが、どうして敷金ゼロが可能なのか気になりますよね。大家さんにとって入居者が集まりやすくなるというメリットがありますが、一方で非常時の預り金がないというデメリットもあります。そこで、敷金ゼロの物件の場合には条件が決められることが多いです。例えば、退去時の修繕費やクリーニング費用を払ってもらうことを契約書に明記されます。また、非常時には連帯保証人ではなく保証会社に肩代わりしてもらうため、保証会社を利用することが条件とする物件もあります。敷金ゼロでも条件はなく、保証金などといった別の名称で敷金の代わりのお金を入居者に払ってもらうこともあります。この場合は、敷金を払ったのと同額になり、初期費用が安くならないので注意しましょう。

札幌の賃貸マンションは、フリーレントのサービスがありますし、防犯性にも優れています。ですので、お得で安全に暮らせる賃貸マンションです。

札幌市北区の賃貸マンションで検索
札幌市厚別区での賃貸の記事