賃貸よりも分譲?その理由とは

賃貸物件と分譲物件はどちらが得なのかを考えてみると、一見購入して自分のものになるしクオリティーが安い賃料で住むことが可能になるということや資産になるなど得ばかりかと思いますが、そこまでおいしい話ばかりではありませんし、賃貸の方が一見損をしているように思いがちですがよく考えてみるとそこまで損ということにならないので、その判断はとても難しい所なのです。誰でも広くて綺麗な自分の家を欲しいと思うものでしょうが、それにはそれなりのデメリットもあるのです。

賃貸の方が良い!?その理由

賃貸物件は、基本的には2年契約になるのでその度に1月分の賃料が別途かかってしまうことや自分のものにはならないのでずっと同じだけの賃料を払っていかなくてはならないということなどが損をしているように思われがちですが、その分自分の物ではないのである程度自由に動くことができます。契約内でも退去することはもちろんできますし、その際には住み具合によっては引っ越す際に払っていた敷金がいくらは戻ってくることもあります。それにその時その時のライフスタイルに合わせて家を選ぶことができるのである意味かしこい暮らし方かもしれません。

分譲物件は本当に良いのか!?

分譲の物件は、一戸建てかマンションかでまた変わってきます。一戸建ての場合はその土地含めてなので資産ができます。子供がいたりする場合にはその子供達に資産を残すことができるというメリットがあります。その一方でマンションは自分だけの場所は購入した部屋のみなので資産という考えはしません。なので売却をするという意味で購入する人が多い傾向です。ですがローンを払っているうちはまだまだ自分の物になったとは言えないので自分のものになる頃には何十年も先の話になるので、その面も考えて慎重に考えていきましょう。

札幌市清田区の賃貸マンションは、マンションに暮らす人達が快適で安全に暮らせるように防犯セキュリティが整っています。

続きを読む