部屋の設備が壊れたら修繕費は誰の負担?

賃貸物件に入居中、部屋の設備などが壊れたとき、どうしたらいいのかわからずに困ってしまう方も多いのではないでしょうか。自分の不注意によって壊れた場合は、自分の負担で修繕すればいいでしょう。しかし、老朽や自然損耗によって壊れた場合、自分の負担になってのは理不尽ですよね。基本的に後者の場合は大家さんの負担になることがほとんどですので安心してください。しかし、大家さんのなかには、すべてを入居者の負担にしようとする人もいるので気を付けましょう。

消耗品に関しては入居者負担に

老朽や自然損耗が原因とはいえ、入居者が負担しなければならない部分もあります。物件に備えられた設備や建物の部分は大家さんの負担となりますが、消耗品に関しては入居者の負担となります。キッチンの例でいうと、物件に備えられている給湯器が故障した場合は大家さんの負担となり、水道のパッキンやゴム部分が摩耗して使えなくなった場合は入居者の負担になるといった具合です。もちろん、給湯器の故障が入居者による故意や過失、不注意によるものであれば、入居者負担となります。

故障しないように設備は大事に扱って!

設備の老朽は大家さん負担になりますが、雑に扱っていると故障しやすくなったり損耗のペースが早くなったりします。あまりにも故障が多いと故意なのではないかと疑われてしまう可能性もありトラブルに繋がるので、設備は大事に使いましょう。例えば、エアコンのフィルター交換や清掃を怠っていると故障も早くなりますし、水道で異物を流すと排水管が詰まりやすくなりますよね。そうならないように、設備のメンテナンスや使い方には十分注意しましょう。

賃貸を見学する際に、水流や水質を見ておくことも肝心です。なるべく水が勢い良く出る場所を選ぶようにします。

read more
二海郡八雲町での賃貸を探す